【体験談】ワン切りヤミ金電話にコールバックした結果!個人情報は大丈夫?

闇金や詐欺の営業手法として最近多く用いられている「ワン切り系」の電話。着信履歴に残っていると何だか気になりますよね。今回は、この電話にコールバックしてしまった体験談などについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

それはある日、1件の着信から始まった

ある日、私の携帯電話に
「見知らぬ番号からの着信」が履歴に残っているのを発見。

050から始まるいわゆるIP電話の番号で、
私の勤務先の番号でもないし、
行きつけのお店の番号でもない
全く知らない番号でした。

「何だか気持ち悪いな」と思いましたし、
「身に覚えの番号に電話を掛けるなんて、きっとロクなことは無いだろう」
そう判断したため、その時はスルー。

でも、メールを返信したり
携帯で色々な操作をやっているうちに、
ちょっとボタンを誤操作してしまったのか、
着信履歴の一番上にあった先程の怪しい番号にリダイヤルしてしまったのです!

そしたら・・・。

怪しい着信履歴にコールバック!電話の向こうの正体とは?

誤操作したボタンをすぐ切ろうかとも思いましたが、
「電話を掛けてきた相手が一体何者なのか?」
それをちょっと確かめてみようという気持ちもあったので、
受話器に耳を当て、相手の返答を待ちました。

すると、呼び出し音が鳴った後、
ガサゴソと音がして、

「こちらは、お金情報センターです。
お金にお困りの方は●番を押してください」

などというような機械の音声ガイダンスが
いきなり流れ始めたのです!

「!!!!!!!!!!」

ここで「うわっ、気持ちわるい!」と思って
とっさに電話を切ってしまったのですが、
こんなような感じのことを音声で流してきて、
顧客になりそうな人を選別しているような感じでした。

今や、ヤミ金・詐欺業者の類から来る
怪しい融資営業というものを
人ではなく機械がかけてくるようになってしまったとは・・・。

ヤミ金業者・詐欺業者にも
「AI化の波」が来ているという証拠なのかもしれませんね。

個人情報はヤミ金・詐欺業者に漏れていないのか?

今回、050から始まる
IPフォンの番号にコールバックしましたが、
電話をすぐに切ってしまったので、
通話料としては、数十円ほどでした。

しかし、それよりも気になるのが
「自分の個人情報」について。

もしかすると、ヤミ金業者とか詐欺業者のたぐいに
私の個人情報が漏れているのではないのか?と心配になり、
心の中がザワついてきました。

そこで、相手方が
「こちらの個人情報を相手がどの程度所持しているのか?」
それを知るため、同様の電話が来ている情報について調べてみました。

すると、この「お金の融資ガイダンス」を流す自動音声の電話は、
今日は大阪方面・明日は北海道方面などと
主に電話が掛かってくる地域が偏っていることが分かりました。

固定電話の場合、番号が若い順から順番にかけているとすれば、
局番などの関係上、地域が偏る可能性は十分にあり得ます。

なので、相手方が所持している個人情報は
あくまで電話番号のみで、
名前や住所までは流出していないのかもしれません。

また、これに加えてもう1つ、
相手が私達の個人情報のうち
名前や住所までは知らないだろうと考えられる根拠があります。

それは「自動音声ガイダンスの内容」。

音声ガイダンスでは、
「○○の方は1番を押してください」などと質問し、
私達自身に1つ1つ回答させるようなアンケート形式のものでした。

なぜ、アンケート形式を取っているのか?

それは他でもなく「私達の詳しい個人情報」を知るために
相手がこの電話を掛けてきているから。

つまり、相手は現時点で
私達の個人情報を詳しく分かっていないのです。

ただ、そうとは言っても
決して100%安心とは言い切れませんので、
個人情報をむやみに漏らさないよう
気を付けるに越したことはないでしょう。

【2019年最新版】ヤミ金・詐欺(ワン切り・自動音声)電話番号まとめ

私が掛かってきたワン切り・自動音声の番号をはじめ、
ヤミ金・詐欺業者の電話番号としては、
2019年現在、以下の番号が報告されています。

【2019最新版】ヤミ金(ワン切り自動音声ガイダンス)の番号一覧
05053062901(050-5306-2901)
05053062961(050-5306-2961)
05053062963(050-5306-2963)
05053062965(050-5306-2965)
05053062970(050-5306-2970)
05054346422(050-5434-6422)
05054346442(050-5434-6442)

上記の番号は自動音声ガイダンスの融資案内をワン切りで掛けてきます。
着信履歴に残っていた時は、コールバックしないよう注意しましょう。
 




 

コメントは受け付けていません。